読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

New Market Creation - 市場創造

株主優待と米国株がメインの投資家のブログです。株初心者の方にもに分かりやすく興味を持ってもらえるブログを目指しています。

【投資】「ほったらかし投資法」を実践中。今年の運用成績

 

f:id:randompotato:20141222223030p:plain

こんにちわ。

いやー早いもので2014年も終わりです。果たして自分はこの1年を通して成長できたのでしょうか。

 

高い目標を掲げている人はまだまだ全然足りないと感じるだろうし、その日が楽しく過ごせればいいと考えている人は満足した1年だったのかもしれません。

 

目標や理想、幸せといったものは人それぞれで、誰かと比べて優劣を競うという事は私はあまり意味が無いと思っています。仕事のやりがいとか、何をもって幸せと感じるかなんて、そんなもの自分で定義すればいいので人と比べる必要はありませんよね。

 

と、言いつつも!

 

自分の投資パフォーマンスは市場平均と比べてどうだったのか ( ゚д゚ )?

というのは私個人的にかなり興味があるため、今年1年を振り返ってみる事にします。

その前に、私の投資方法やポートフォリオなどを簡単にご紹介します。

 

 

投資スタイル

過去のBlogで毎回書いてきましたが、私の投資スタイルは「長期投資」です。基本買いのみで、売りはしません。利益確定のために売ったりする事は無いということです。(倒産するほどの要因が発生したり、自分の考えが誤っていたと思ったら手放します)

暴落しようがお構いなし。下がったところでガッと買い漁りまた寝かす。買った分だけ毎年の配当だけは雪だるま式に増えていく。寧ろ買ったら忘れたほうが良いかもしれないね。

 

つまるところ、買ってそのまま放置する「ほったらかし投資法」です。

 

投資を行うタイミング

過去記事:【投資】【番外編】絶好の買い場とは!?

 で書いたタイミングに機械的に買うようにしています。いつが買い場だったのかなんて事は未来でしか分らない事ですから。また、気になった銘柄があれば時期がいつであれ買いに行きます。

この方法だと自然に時期を分散して買うことが出来るため、ドルコスト平均法の原理で買い付けが行えます。この方法もメリット・デメリットが存在しますので、興味のある方は調べてみてください。

 

銘柄選び

基本的には以下の選定基準に照らして決めています。

自分が惚れた銘柄は例外もあり。

  • 多額の設備投資や研究開発費をかけている企業は避ける
  • 技術革新がされないローテク企業か?
  • 自分はその企業のことを良く知っているか?
  • 市場占有率は高いのか?
  • 経営者が無能でも儲かる仕組みが出来ているか?
  • ROE(株主資本利益率)は15%を超えているか?
  • 自社株買いは行っているか?
  • 他社と異なる競争力を有しているか?
  • インフレ時に価格を引き上げられそうか?
  • PER(割安度)は15倍以下か?
  • 強力なブランド力を持っているか?

これだけ考えた上で投資しても運悪く倒産する事もありますが、確率は低いはずです。

 

ポートフォリオ

f:id:randompotato:20141117235623j:plain

 

資産配分はこんな感じになっている。ほぼ全力投資であるため、人様にお勧めは出来ない。

外貨建て資産比率を高めたのは円安に対するリスクヘッジのため。

日本で働いていればお給料は円でもらえるけど円の価値が下がった場合には全く嬉しくない。万が一を考え、外貨獲得手段として外貨建て資産を所有しておく。

現物取引のみで、信用取引や高いレバレッジをかけた取引はしていないので、枕は高くしてぐっすり寝られる。健康第一

 

気になる2014年の運用成績は?

年末は忙しく、Blog更新をやっている暇が無いと思われますので、少し早いですが本日までの運用成績で計算します。

 

配当金以外の収入も投資に回している分があるため、それらを差し引いて計算したところ、対前年末比で+38.4%となりました。

日経平均株価のパフォーマンスが前年比+12%位なので、外貨建て資産を多く組み入れている分、円安による評価益が増えたのが大きいのかもしれません。

 

この一年で新規に日本株が4銘柄。外国株が9銘柄新たに仲間に加わりました。今後世界経済がずっと好調とは限りませんが、暴落したらしたで、仲間をどんどん増やしていこうと思います。

 

エボラ出欠熱や消費増税、原油価格暴落など、今年は不安要素が沢山ありましたが、頻繁に売買しなくても、ほったらかし投資でも十分なパフォーマンスがあげれることが出来て、満足しています。(今年は世界的にリーマンショック級の大きな事件が無く、相場環境が良かったせいもあります)

 

早くお金持ちになりたい!という気持ちわかります。だからといって信用取引レバレッジを大きくした取引などをして一度に財産を失ってしまう人が多く存在します。そんなに急がなくても複利で増やす事により時間が貴方の味方となり、雪だるまを作るようにゆっくり、じっくりと大きくしていくことが出来ます。

安く買い、ひたすらじっと持ち続ける事が大切です。 

 

それでは良いお年を。

 

私の個人的にお気に入りの本をいくつか紹介します。昔は頻繁に売買していましたが、ほったらかし投資に転向するきっかけとなった本です。

興味がありましたら読んでみて下さい。

 

バフェットからの手紙 ? 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル

バフェットからの手紙 ? 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル

  • 作者: ローレンスAカニンガム,増沢浩一,Lawrence A. Cunningham
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 6人 クリック: 93回
  • この商品を含むブログ (47件) を見る
 

 

 

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

 

 

 

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

 

 

 

お金持ちの教科書

お金持ちの教科書

 

 

Copyright © 2014 ランダムぽてと All Rights Reserved.