New Market Creation - 市場創造

株主優待と米国株がメインの投資家のブログです。株初心者の方にもに分かりやすく興味を持ってもらえるブログを目指しています。

【投資】CIJから株主優待のクオカードを頂きました

f:id:randompotato:20150413085721j:plain

 

株式会社CIJ(4826)より株主優待のクオカードを頂きましたのでご紹介します。

 株式会社CIJって?


株式会社CIJ

 

システム開発およびシステム開発に関連するサービス全般の業務を行っている会社です。

事業内容

技術分野として得意としているのは

などまだ書ききれない程幅広い。

 

また業務分野も、公共・金融・製造・通信・環境エネルギー等々幅広く手がけているようです。

 

最近の業績

f:id:randompotato:20150307134621p:plain

(画像はCIJ株式会社公式HPより引用しています)

 

売上・利益共に堅調な伸びとなっています。正に右肩上がりの成長と言ったところでしょうか。不景気になるとシステム開発やサービス等の投資は抑えられてしまうため業績に響いてきそうですが、近年の業績を見ていると景気は上向いてきているのでしょうか。

 

次にキャッシュ・フローを見てみます

f:id:randompotato:20150307135222p:plain

(画像はCIJ株式会社公式HPより引用しています)

 

キャッシュ・フローは会社のお金の流れを見るものになります。

ざっくりと説明すると

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

 会社が日頃の営業活動をしていくらキャッシュを得たのかを見ます。本業の収支と支出の差額。プラスなら本業は順調。マイナスが続いているようであれば厳しいかも。


投資活動によるキャッシュ・フロー

 固定資産(設備等)の取得や売却時の現金の流れを見ます。設備投資なんかを行うと基本的にマイナスになります。プラスになっている場合は設備等を売却した分が投資した分を上回っているということ。


財務活動によるキャッシュ・フロー

 お金の借入や返済、増資や配当金支払いに伴うお金の流れを見ます。マイナスになる場合、自社株買いや借金返済をしています。プラスになる場合、借金や社債発行を行って資金調達しています。

 

キャッシュ・フローでの簡単な企業の見分け方

一般的に優良企業の場合

になります。

 

積極的な投資を行ってこれから成長していこうとしている会社によく見られるタイプとしては、

 

 

 最後に、雲行きが怪しいタイプの会社のキャッシュ・フローですが、

 このタイプですが、本業がマイナスであるため、手持ちの設備や株を売却して現金化し、また借金をして資金調達を行っている様子が分かります。

このタイプの企業への投資は躊躇ってしまいます。

 

 以上を踏まえてCIJのキャッシュ・フローをみてみると、優良企業のタイプに分類されますね!Goodです。また連結で自己資本比率が70%以上あるため、財務は良好だと思われます。

株価と株主優待

f:id:randompotato:20150307143438p:plain

(画像はヤフーファイナンスより引用しています)

 

現在1株467円。100株購入で46,700円で購入可能です。現在配当利回りは2.57%と結構良い。また優待は権利月が12月で、株数によって貰えるクオカード金額が違います。

  • 100株以上〜500株未満 クオカード(500円券)
  • 500株以上〜1,000株未満 クオカード(1,000円券)
  • 1,000株以上〜5,000株未満 クオカード(2,000円券)
  • 5,000株以上 クオカード(3,000円券)

 

10万円以下で投資可能な銘柄で業績も優待も良いので、良いかなと思っています。

クオカードは早速近所のファミリーマートで使用しています。

ありがとーCIJ!これからも応援しています。

 

 

USBエンジンハブ (バイクエンジンタイプ)

USBエンジンハブ (バイクエンジンタイプ)

 

 

 

当サイトに掲載された情報に基づいて為された判断を原因として発生したいかなるトラブル・損失・損害に対しても、当方は責任を負いません。

 

 

Copyright © 2014 ランダムぽてと All Rights Reserved.