New Market Creation - 市場創造

株主優待と米国株がメインの投資家のブログです。株初心者の方にもに分かりやすく興味を持ってもらえるブログを目指しています。

【投資】ほったらかし株式投資 2018年6月の運用成績

f:id:randompotato:20180204082858p:plain

4月からブログ更新してませんでした(笑)
さて、6月末までの成績を振り返ってみましょう。

 

2018年6月末までの資産推移

f:id:randompotato:20180708134816p:plain


資産はほぼ横ばいです。

トランプ大統領と中国での貿易戦争リスクのため、中国株の下げが大きいです。年初来安値更新中。

将来的には中国やインドが有望だと思っていますので、7月のボーナスと給料はとりあえず中国株に投資しようと思っています。インド株に関してはADRで買えるインフォシス(INFY)に投資しているので今回はパスします。

 

インフォシスへの投資が気になる方はこちらもどうぞ。

random-potato.hatenablog.com

 

 

中国への投資候補としては、

  • CXSE(ウィズダムツリー 中国株ニューエコノミーファンド)
  • CHL(チャイナ・モバイル)

の2つを考えています。

 


中国と言えばIT化が進み、BATと呼ばれるバイドゥ、アリババ、テンセントがIT分野で強いです。この中だとバイドゥだけ微妙だけど。

強い企業は更に強くなる。中国はそんな感じ。


大きく儲けたいなら一つの企業に集中投資が理想ですが、私は平均点取れればいいやと言う感じでCXSEに投資しておきます。(逆に大きく負けたくない)

 

CXSEの組入比率とセクター内訳です。

CXSE組入比率

f:id:randompotato:20180708134936p:plain

(出典:WISDOM TREE公式HP)

 

アリババが10%、テンセントも10%、バイドゥは5%ほど組み入れられています。

他にも中国の四大保険会社の一つ中国平安保険が入っています。

 

 

CXSEセクター内訳 

f:id:randompotato:20180708134948p:plain

(出典:WISDOM TREE公式HP)

セクター割合は、情報技術が35%と大きいです。
CXSEに関しては配当はほぼ期待出来ないので、投資目的は株価成長です。

 

もう1つのCHL(チャイナ・モバイル)に関しては配当目的の投資となります。
直近配当利回りは4.6%でした。バランスシートは健全と思います。
最近の株安で40$台前半に株価が落ちてきました。ここらが狙い目でしょうか。もう少し待ってもいいかな?


チャイナ・モバイルが含まれているIXP( iシェアーズ グローバル電気通信 ETF)にも投資しているのですが、個別株でもう少し増やしてもいいかなと思ったからです。

 

同僚がボーナスの使い道を楽しそうに話しているのを横目に私は耳を塞ぎ、誘惑を断って将来の種まきをコツコツと続けます。

きっと彼らは70、80まで働くのでしょう。私は働きたくないので彼らとは違う道を行きます。欲しいものなど後でいくらでも買えるのでいいのです。

投資で大事なのは複利運用です。育てる時間こそが重要なのです。

 

中国株で一山当てたい人集まれ

中国株で一山当てたい人集まれ

 

 

Copyright © 2014 ランダムぽてと All Rights Reserved.