ランダムぽてとの配当生活

株式投資の配当金でセミリタイア生活しています。comipoで漫画も描いています。

独身の田舎セミリタイア生活は3,000万あればいいと考える理由

f:id:randompotato:20210725102617j:plain

いくらあればセミリタイアできるの?

セミリタイア生活っていくらあれば可能なんですか?という質問を受ける。
しかし、住居、家族構成、趣味に使いたいお金など人それぞれなので、具体的にいくらあれば大丈夫ですとは言えないのが難しいところ。

 

ちなみにセミリタイアはアーリーリタイアの一種であり、全く仕事をしないのをリタイア、自分のペースでゆるーく仕事を続ける状態をセミリタイアと呼ぶ。。

 

独身で色々なことにこだわらない人なら、場所を田舎に限定すれば3,000万円でセミリタイア生活を送ることは私は可能だと思っている。

 

田舎暮しの生活費

田舎暮しの生活費だが、ざっくり見積もると

  • 家賃  30,000
  • 食費  30,000
  • 光熱費 10,000
  • 外食    2,000
  • 通信費   6,000
  • 医療費   5,000
  • 娯楽費   5,000
  • 車(軽)  32,000

生活費だけで合計12万円/月かかる。

 

車の維持費はGoo-netを参考にした。
年間にかかる税金、保険料、ガソリンや駐車場代、メンテにかかる費用を月平均にした値だ。

また医療保険にも加入していない。
独身でも不安という人は必要に応じてかけると良い。

これに社会保険等の税金がプラスされる。
(世帯の所得が少ない場合には保険料が減額されたりする)

 

まあ、生活費はざっくり12万くらいと考えてもらうと良い。

配当による収入

例えば3,000万を配当利回り3%で運用すると、年間配当は90万となる。
そこから税金で20%引かれて72万が残る。
結果、配当による収入は6万円/月ということになる。

 

月6万円だと社会保険、住民税を払いつつ生活費を捻出するのは難しい。
特に健康保険や住民税は前年の収入に対してかかってくるので、セミリタイア生活1年目は税金を払えるだけキャッシュに余裕を持たせておくのが良い。

 

足りない分を補ってゆるく働く

12万の生活費のうち配当金で補いきれない6万は労働で補う。
例えばアルバイト、パートで働くとしよう。
時給900円で8時間働くと1日7200円。
約9日フルタイムで働くと6万を超える。
(実際は給料から税金の天引があるからもう少し必要か)


これなら週に3日くらい働けばいいということになる。
これは立派なセミリタイア生活と言っても良いのではなかろうか。

 

実際はもっと安くできる

例として田舎で暮らす生活費の一例を挙げたが、実際はもっと安くできる。
まず、場所によっては自転車で何とかなるので、車の費用が無くなる。
また娯楽費や医療費、通信費もガシガシ削れる。
更に実家であれば家賃もここまではかからない。
この辺の費用が人によって大きく異なると思われる。

 

削ってはいけない費用

しかし、私がどんな人にも共通して削らない方が良いと伝えたいのは「食費」だ。
自分でコントロールが可能なので、真っ先に安い食材に切り替えてコストを削りたくもなる。もやしやパスタだけで生活するといった極端な食生活は、長い目で見るとコスト増となる。

 

人間の体は食べたもので出来ている。
栄養素は主に5種類、「糖質」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」があり、それらはエネルギー源として利用され、体の組織を作ったり、体の調子を整える働きをする。

 

前述したもやしやパスタだけの偏った食生活を送っていると、栄養が不足し体が弱ってしまい、病気やケガに繋がりやすい。その結果、医者にかかったり薬を買ったりすると、逆に食費を削った以上にコストが増える。とにかく医者や薬は高いのだ。

入院ともなると保険に入っていないと多額の請求が来る場合がある。

そんなわけで自分の体を健康に保ち、病気を未然に予防するという考え方が大切になる。

 

将来不安へどう対処するか

セミリタイア生活を送る場合、今まで築いてきた金融資産や不動産といった資産から得られる収入と、不安定な労働からの収入がメインの収入となる。また、今は良くてもこの先どうなるかわからないといった将来不安がどうしてもつきまとう。

 

そんな時は以下の行動を取るのが良いだろう。
セミリタイア生活者のアドバンテージは自由に使える時間が多いことだ。

 

  • 空いた時間に収入源をもう1つ増やすものを探して取り組んでみる
  • 近所の人と仲良くなり、困っていたら介護などを積極的に助ける
  • 畑が借りれるようなら野菜づくりをして食費の足しにし、余ったら人に分ける
  • 労働時間をもう少し増やしてみる
  • 月のお金が余るようなら自分の贅沢に使うのではなく、仲良くなった近隣住民に果物などの差し入れをする
  • 積立や貯金を少しづつでいいから続ける

 

実際に自分が取り組んでいることを書いた。
ここで疑問を持った方もいるかもしれない。

  • 野菜を作り、沢山収穫できたら他の人にあげる
  • 自分の時間を削っても介護を手伝ってあげる

 

無償で与えるだけ。
将来不安があるのにそんなことして何になるの?と思われるかもしれない。

 

これは私が以前読んだ本の

 GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代 三笠書房 電子書籍

に影響されている。


面白いことに、

  1. 人に惜しみなく与える人(ギバー)
  2. まっさきに自分の利益を優先させる人(テイカー)
  3. 損得を考えて行動する人(マッチャー)

 

3人の内で最も成功しているのが与える人(ギバー)なのだ。

 

情けは人の為ならずということわざがある。
人に対して情けを掛けておけば,巡り巡って自分に良い報いが返ってくるという意味だ。

 

実際私もあげた以上に多くの野菜を頂いたり、旅行に行ってきたからとお菓子を頂いたり、この間手伝ってもらったからと、ビールを何本も頂いたりしている。

 

未来は不確定なので、お金を貯めようが何をしようが将来不安は消えないかもしれない。私も実際のところ不安ではある(笑)

 

だけれど、小さな事でもコツコツと根気よく続けていれば良い方向に進んでいくかなと思って毎日続けている。

 

ではでは。 

 

今村昌弘さんのミステリー本が面白い

屍人荘の殺人 屍人荘の殺人シリーズ (創元推理文庫)

 

毎日2冊ほど本を読んでいます。

最近は労働問題や少子高齢化といった真面目な本を読んでいたのですが、一周回ってまた大好きなミステリー小説に戻ってきました。

 

自分が好きな作家さんの本はほとんど読んでしまって、新しい本との出会いを求めて図書館へと足を運んでいます。

 

図書館で本を探す時はタイトルだけ見て決める時もあれば、このミステリーがすごいランキングから選んでみたり、誰かのブログで面白かったと感想が書いてあればそれを探して読みます。

 

本の雰囲気が気に入ればその作家さんの本を端から全部借りて読んで、読み終えたらまた最初に戻って探すといった感じです。

 

先日、今村昌弘さんのミステリーが面白いと何かで読み、早速借りてきました。
んも~、図書館から借りて帰ってくる時のワクワク感がたまらん。ミステリーは特にこの気持が強い!

 

借りてきたのはこの2冊。

  1. 屍人荘の殺人

  2. 魔眼の匣の殺人

シリーズものです。
屍人荘の殺人が最初なのでこちらを先に読むことをオススメします。

 

ネタバレしない範囲で書くと、ミステリ愛好会に所属する大学生が事件を解決していく話です。

屍人荘の殺人では謎に包まれた斑目機関がどういう組織なのか具体的な説明がないまま終わってしまって??だったのですが、魔眼の匣の殺人ではより詳細に書かれていて安心しました。斑目機関は名探偵コナンでいうところの黒の組織的な感じ。

 

さて、肝心のミステリーのトリックですが、2冊とも気づくのはなかなか難しいのではないかと思います。ぼーっと読んでいても何となく頭には入ってくるものの、しっかり理解しようとするなら本の最初にある建物の見取り図が重要になってきます。


あとは作中の誰が何を言ったのかという、ちょっとした不自然さに気づけるかどうかだと思います。ところどころに伏線があるのに最後に種明かしされるまでわかんねーんだぜ・・・

やるやないか・・・今村。

 

そして2冊読んでもまだ謎の組織「斑目機関」が明らかになってこない。


えっ、てか3冊目「兇人邸の殺人」が7月29日に出るだとっ!!
寝る暇が無くなってしまうーー。

 

最後に

屍人荘の殺人では、でええええええええこの人が死ぬの????って人が死にます。
犯人とかトリックより、こっちに驚きました。
えぇ・・・今村、何故殺したし。
ワイは納得いかんよ。もしかして後で蘇るの?

 

 

FIREして半年経った結果

f:id:randompotato:20210720214252j:plain

 

時間さえあって
やりたいことができれば
人生は楽しくなると思っていた。

 

これはFIREする前の自分の考えだった。

 

実際に投資を10年以上続けて30歳後半でFIREし、現在半年が経過したのでその心境を書き残しておこうと思う。

 

 

正直言うと、「飽きた」

 

 

そんなバカなと思われるかもしれないが、この生活が飽きた。
断っておくが、未FIRE民に対してマウントを取ろうとか、そういうあれでもない。
ただ正直に書いている。

 

好きな時間に起き、会社にも行かず、仕事をせず、好きな事をしていて良い。
最初は良かった。面白かった。

 

ただ、数ヶ月過ぎたあたりからなんか違うなと思い始めたものの、たぱぞうさんから「半年すると完全に慣れて戻れなくなる気もします」とコメントを頂き、まぁそんなもんなのかな~、しばらくすればこの生活にも慣れるかなと思って過してきた。

 

 

それでも何かが違う。
他人と喋らないからだろうか?
読書と筋トレとゲームしかしてないせいだろうか?
もしかしてまた仕事がしたいと思っている・・・?

 


言葉で表現するのは難しいのだが、

 

砂漠の中でありつけた水を心の底から美味いと思えない。
常に自分の近くに水道があって、ひねれば水が出てくる。
だから水が本当に美味いと感じない。

 

そんな感じ。

 

枯渇してないんだよ。

 

以前だって読書も筋トレもゲームも土日に出来てたじゃないか。
FIREなんてしなくてもさ。

 

本当に心の底から美味いと思える水が飲みたい。

 

恐らくだが、それは何かに必死になって取り組まなければ得られないだろう。
そしてそれは誰も教えてくれない。自分が探さないといけない。
へへ・・面白くなってきやがったぜ。

 


FIREしたけど同じ気持ちですって人はコメントでも残していってくれ。

 

最後に。

FIREは気合いれて適当に積み立ててりゃ誰でもいける。気合次第。
Fラン零細だったワイが言うんだから間違いない。

「欲しがりません勝つまでは」だよっ! 

 

過労死の本を読んで

f:id:randompotato:20210713151951j:plain


過労死に関する以下の本を読んだ。

過労死: その仕事、命より大切ですか

過労死ゼロの社会を―高橋まつりさんはなぜ亡くなったのか

 

1つ目の本は過労死した複数の方の遺族へのインタビューを元に書かれた本である。
正直、最後まで読むのが辛かった。
裁判で勝利し、どんなに賠償金をもらっても解決なんてしないってこと。
残された遺族は、これから何を希望として生きていけば良いのかということ。
怒り、悲しみを背負いながら、それでも生きていかなければならない遺族の苦しみが文章を通じて伝わってきた。

ブラック企業は消えて無くなれ。消滅しろという感想しか出てこない。

 

2つ目の本は電通で過労死した高橋まつりさんに関する本である。
本の表紙には、母と娘が仲良く並んで写っている姿がある。
わずか24年という短さでこの世を去ってしまった彼女。
SNSに残った彼女の悲痛なSOSのメッセージや上司からのパワハラ発言が掲載されており、読んでいて胸が痛んだ。

娘からのSOSのメッセージを受け取った母親は「もう会社なんて辞めなさい」と伝えていた。それでも会社に行く娘に何を思ったのだろう。
きっと戦地に子を送り出すのと同じ心境であっただろうと思う。

 

何故、会社を辞めれず自死を選んでしまうのか

「死ぬくらいなら会社を辞めれば良い」という声を聞く。
しかし、真面目な人や、責任感が強い人にとって実行するのはなかなか難しい。

  • 自分がやめて他の人に迷惑がかからないだろうか
  • 今の仕事をやめて次が見つかるだろうか
  • お世話になった人に対する裏切りじゃないだろうか
  • 就職して喜んでくれた家族を悲しませてしまうのではないか
  • 仕事を辞めるなんて言ったら親に怒られるだろう
  • 家族が路頭に迷ってしまう

こんな事を考える。
実際、会社を辞める時に私も考えた。

 

考えて悩んでいると、すぐ次の日がやってくる。
あー嫌だ。嫌だなぁ・・と思いながら職場に行き、仕事をこなして夜遅くに帰ってまた考えて悩む。
そうしてまた朝が来るといった日々が続いた。


残業が多すぎてプライベートの時間が無い。
もう、生きるために仕事してるのか、仕事するために生きてるのかわからない。

 

ある時、フッとした時にもうどうでも良くなって、その勢いのまま速攻で退職届書いて出して辞めた。

 

今になって思う。
このフッとして、もうどうでも良くなった時。
ここに生きるか死ぬかの分岐点があったのではないか。

 

このまま辛いまま仕事して仕事して仕事して・・・ってしても、結局のところ社長の小遣いが増えるだけじゃん。自分の給料は全然増えないのに。アホくさと思って辞めた。

 

親に怒られようが、世話になった人に何言われようが、知ったこっちゃないわと。
真面目も責任感も知らん。残った奴らでなんとかしろと。

 

でも、社長や周りの人に凄くお世話になったと感じている人だと、こうもいかなかったんじゃないかとも思う。それで自死を選んでしまう人も一定数いるのではないだろうか。役に立てずに申し訳ない、死んで侘びますって。
もうどうしようもないくらい追い詰められていたんだと思う。

 

分け合えば余る、奪い合えば足りない

もう毎年の経済成長なんて望んでない。
ネットショップを見ればゴミで溢れかえってる。
あってもなくても構わないアプリで溢れかえってる。
誰も見ないような書類を作って何になる。
世の中、無駄な仕事が多すぎる。ゴミを作るために残業までしている。


そんな事より、精神的に満たされた生活が送れ、過労死なんて存在しない社会になって欲しいと切に願う。 

  

 

出費を抑える節約思考

f:id:randompotato:20210705101742j:plain

 

私の趣味は読書、散歩、草むしりと投資だ。ゲームもたまにやったりする。

FIREを目指すため、お金のかかる趣味を削っていったら最終的に残ったのがこれらだった。その中でも読書に関する私の考え方が、特に昔と今で大きく変化したように思う。

 

所有したいという病

昔の私は所有欲というものが強く、本は買って棚に並べておきたかった。
それは、自分はこれだけ読み、持っているんだという満足感を得るためだったと思う。
ただ、小説などの本は1回読んだらそれきりで本棚にずっと眠っている事が多く、スペースの無駄になっていた。

しかし、そうやって本をどんどん増やしていったところ、ついに保管場所が無くなってしまった。さて、どうするか。

 

私は悩んだ末に、本を売る決心をした。
ブックオフ段ボール箱で何百冊も持ち込んだところ、店員さんが総出で仕分けしてくれた。最後にレジでお金を受け取ったのだが、あんなに沢山の大切にしていた本が数枚の紙切れと小銭になってしまった。


全部売り払ってそのお金を見た時、何か自分の中で変わった気がした。

 

「所有するって、なんか無駄だな・・」

 

再定義による所有欲の消滅

それ以来、本は買って読むものではなく借りて読めばいいというスタンスになってしまい、図書館に通うことが多くなった。恐らく来館者数の70%は私が占めているだろう。

 

物を所有したいという欲を断ち切るのは、何かきっかけがないと難しい。けれど、その所有欲を捨て去ることは出費を抑えるのに大きな手助けとなる。

 

本の所有欲を捨てたいなら、自分で図書館を再定義してしまえば良い。
図書館は空調や本棚が整備された自分の部屋であると。
(部屋には他人もいるが、それは気にしない)

 

少し自宅からは離れてはいるが、自分で本も本棚も所有する必要はない。
増えすぎた本を収納するための倉庫も借りなくてもいい。
さらに凄いのは最新刊をリクエストすれば勝手に本棚に入っている。

 

凄くない?
そんな恵まれた環境が自分の部屋なんだよ。


え、本に返却期限がある?
細けえこたぁーいいんだよ、自分でそう定義したんだから。

 

え、図書館に申し訳ない?
なーに、気兼ねする必要はない。住民税は払っている。

 

物や施設を再定義する。
これは本に限ったことではない。思考を変えることで節約はグッと簡単になる。 

 

Copyright © 2014 ランダムぽてと All Rights Reserved.